会社概要|北海サンコー

会社概要
食品包材の安心安全

会社概要

北海サンコー外観
会社名 株式会社 北海サンコー
創業 1972年1月
設立 1970年11月
本社所在地 〒065-0024 札幌市東区北24条東6丁目3-20
営業本部・
工場所在地
〒006-0032 札幌市手稲区稲穂2条3丁目1-5
電話番号 011-694-2131(代表)
FAX番号 011-694-2181
代表者 代表取締役社長 若狭博徳
資本金 1,000万円
従業員 16人(パート含む) ※2014年7月現在
事業内容 包装資材の製造・販売
沿革

1970年 札幌市東区に株式会社北海サンコー設立

1972年 創業および札幌市西区(現手稲区)に工場竣工

1980年 札幌市東区(本社現在地)に本社ビル完成

1995年 札幌市東区より手稲区へ営業本部を移設

1997年 グラビア印刷機 更新

2003年 衛生環境・地域周辺環境および会社の将来を考慮し札幌市手稲区(工場現在地)に新工場竣工

2012年 最新型スリッター機の追加およびマジックカット装置の導入

2012年 若狭吉範が会長に、若狭博徳が社長に就任

代表挨拶

代表画像 包む画像

 弊社は創業者である若狭吉範が弊社の前身となる株式会社サンコー札幌営業所として、お菓子や珍味等の包装資材製造・販売を中心に札幌市東区に拠点を置きました。その後1970年に株式会社北海サンコーとして会社を設立し、今日に至るまで道産子企業そして北海道の包装用フィルム加工メーカーとして様々な食品用途でのお客様のニーズにお応えして参りました。
 今後期待される包装用フィルムの機能としては食品の安心・安全を守ることは当然のこととして、ユーザーのニーズ毎に細分化された役割と機能、環境への配慮、優れたコストパフォーマンス、そして付加価値の追求を続けることがお客様と共に発展していくための条件と考えております。
 最後に、豊かな生活環境を作り続けるためのご提案を発信し続けることが企業の使命であり社会貢献になるものと考えて努力を続けてまいります。

問合せ

トップへ戻るボタン